ダイビング器材の紹介

こんにちは!ユウです。

今回は私が使用しているダイビング器材について紹介したいと思います。

普段 生活している陸とは違い、海に潜ると 酸素もなければ、浮力も異なります。

そのため、ダイビングでは、いろんな装備が必要になります。

 

器材一覧

ウエットスーツ

ウエットスーツ

キャリーバッグ

キャリーバッグ

BDC

フードベスト

フードベスト

レギュレーター

レギュレーター

マスク

マスク

フィン

フィン

グローブ

グローブ

ブーツ

ブーツ

ダイブコンピュータ

ダイブコンピュータ

ライト

ライト

ナイフ

ナイフ

曇り止め

曇り止め

メッシュ

メッシュ

水中カメラ

水中カメラ

※各器材の説明は下部に記載

私は黒色をベースカラー、黄色をアクセントカラーにしています。

黒が多いと、プロっぽく見えてかっこいいですよ。

 

My器材のメリット

・自分の体に合った器材を使用できる

・毎回同じ器材を使用できる(上達が早い)

・自分の好きな色を選べる

・自分の器材を持っているという高揚感を持てる

 

My器材のデメリット

・価格が高い(潜る回数が多いと回収可能)

・ダイビングポイントへの移動で荷物になる

・家に置き場所が必要

・自分でメンテナンスをする必要がある

 

価格

私が購入した器材の定価です。

 

No名称メーカー商品名価格備考
1ウエットスーツ
2フードベスト
3レギュレータ
オクトパス
ゲージ
ブリザード
ABS
コレクト2
90720
30000
30000
4BCDAqua Lungアクシオム95000
5マスクTUSAM-212
6フィンTUSAMorbi
7グローブTUSA
8ブーツTUSA
9ダイブコンピュータBismダイブグランデ69700
10ライトTUSA水中ライトTUL40016900
11ナイフwanoka水中ナイフスクイズロックナイフ
12曇り止めSASAnti Fog 1260
13メッシュ
14キャリーバッグTUSARB-821800

 

※後日更新

各器材の説明

※後日更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です