丹沢山地・塔ノ岳を登りました!大倉入口から大倉尾根を行く!山頂でラーメンを頂きました!

はじめに

塔ノ岳山頂景色

皆さんこんにちは!

 

5月になり、毎週のように登山をしているユウです。

今回は、丹沢山地・塔ノ岳を登ってきました!

 

初めて山頂でラーメンを作り、美味しく頂きました!

写真をたくさん撮ってきたので、写真多めでご紹介します!




塔ノ岳とは

山系:丹沢山地

別称:塔ヶ岳、御塔、尊仏山

標高:1,491m

由来:昔は山頂に『尊仏岩』があり、お塔と呼ばれ信仰されていました。塔ノ岳の山名はその塔に由来しています。関東大震災の際に『尊仏岩』は転落し、現在は大倉尾根をそれた場所に『尊仏岩跡』があります。

 

出費合計

  • バス(渋沢駅~小倉入口):620円 (310 x2)
  • 三ツ矢サイダー:250円
  • 水(山頂):400円
  • シュークリーム:140円
  • バイオトイレ使用料:100円

   合計:1510円

 

神奈川警察署の資料

神奈川県警察のホームページに『丹沢山系・箱根山系の遭難事故状況』が載っています。

※神奈川県警の塔ノ岳の資料

https://www.police.pref.kanagawa.jp/pdf/g0005_03.pdf

登山コース(大倉尾根)

下図の赤色の大倉尾根を私は歩きました。

山頂まで山小屋がいくつかあり、バイオトイレが設置されています。

 

神奈川県警_大倉尾根

 

道標の表記

登山道には看板が立っており、現在位置の『No.』がわかるようになっています。

 

神奈川県警_塔ノ岳_大倉尾根の番号

 

大倉尾根は、番号『No.0』から始まり、『No.45』まであります。

『No.45』が山頂ではなく、山頂は『No.45』から少し登ると到着します。

 

転落・滑落事故

また、転落・滑落情報についても記載があります。

下山中の事故が多いです。

 

大倉尾根_事故

 

事故がないように、下山を終えるまで安全に気を付ける必要がありますね。

 

渋沢駅に到着

9時30分 渋沢駅に到着です。

天気は曇りがち。

 

渋沢駅到着

 

しかも、靴を履き間違えました…。

登山靴ではなく、ランニングシューズを履いていると電車の中で気付きました…。

 

鍋割山のような、水に濡れた道がないことを祈ります。

(幸運なことに今回は濡れた道はありませんでした)

 

大倉入口に到着

バスに乗り、さっそく大倉入口に着きました。

 

大倉入口

 

バスの中でおばあさんが『夫の後始末』という本を読んでいました。

どんな内容なのかとても気になります。

 

鍋割山に登った時も『大倉入口』から登ったので、今回で2回目ですね。

 

登山者カード

 

今回も登山者カードを記入。

住所・氏名・電話番号・登山コース等を記入し、10時10分、登山スタートです!

 

登山開始

10時17分 歩き始めて7分ほどで、『丹沢キャサリン』と『丹沢クリステル』が迎えてくれます。

 

丹沢大山国定公園

 

アイドル人形ですね。

寄りの写真です。写真がボケてしましましたが…。

 

丹沢キャサリン

丹沢キャサリン

丹沢クリステル

丹沢クリステル

 

この人形の間の道は大倉尾根の登山道ではありません

二人を横目に見ながら登っていきます。

 

山道(No.0~4)

10時17分 道標『No.0』を見つけました。(右上にキャサリンが写ってます)

全No.45まで自分がどこにいるのかがわかる目印ですね。

 

大倉尾根道標No.0

 

大倉尾根道標No.1

No.1 10時20分 コンクリートの道が続きます。

大倉尾根道標No.2

No.2 10時22分 砂利道になってきました。

 

登山道を進むと、いい感じの石畳の道になります。

とても歩きやすいです。

 

砂利道

 

大倉尾根道標No.3

No.3 10時26分 土の道が続きます。

大倉尾根道標No.4

No.4 10時30分 まだ階段が少なく、歩きやすい道が続きます。

 

茶屋に到着します!!ページ2へ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください