APEMAN_A80で使用するため格安ドームポートを購入しました!『AmazonベーシックGoPro水中ドームポート』

はじめに

こんにちは!

APEMAN_A80」を使って海ライフを楽しんでいるユウです。

 

近々、シュノーケルに行く機会があり、APEMAN用に新しいアクセサリーを購入しました!!

それがこちら!水中と水上を撮影できるアクセサリー、「ドームポート」です!!

 

AmazonベーシックGopro水中ドームポート

 

今回は、こちらのドームポートを購入したので紹介します!

 




 

価格

私が購入した時は¥1,609でした。

とても安価ですね。

 

 

※APEMAN A80にはそのまま使用できません。加工が必要です。加工内容については下記に記載しています。

 

梱包状態

 

こちらがAmazonから送られてきたときの梱包状態です。

梱包

 

さっそく開けます!

開封

 

「説明書」と「リントフリークロス」 が入ってました。

説明書

 

その他 梱包物を取り出します。

ドームポート開封

 

梱包状態

ドームポート梱包状態

 

部品一覧ドームポート梱包一覧

 

上記の5点だけかと思ってましたが、箱の中にリングも入ってました。

クリップ

 

全部で6品です。

 

各部品 一覧

各部品ごとに写真を撮りました!

 

カメラハウジング付き水中ドーム(表)

ドームポート表

 

カメラハウジング付き水中ドーム(裏)

ドームポート裏

 

つまみネジ付き浮きハンドル

ドームポートグリップ

 

カラビナ

カラビナ

 

リストストラップ

ストラップ

 

レンチ

レンチ

 

ストラップ

リング

 

組み立て

組み立ててみました!

一応、説明書を読みましたが、読まなくても簡単に組み立てられます。

 

ドームポート完成

 

「APEMAN_A80」 を装着します!

 

ドームポート取り付け

 

ちょっとはみ出していますが、気にしない。

取り付け

 

閉じるときに力がいますが、押し込みました。

安価だからこそ、気を遣わずに扱えますね。

 

組み込み完了

 

いざ、撮影してみます!!

 

沈没…。

なんということでしょう!

風呂に入れて5秒で水が入り、沈没してしまいました…。

 

乾燥

 

無理に押し込んだのが原因ですね。

ということで、ハウジングを加工します!

 

※「APEMAN A80」は乾燥させることで復活しました。

 

Apeman用に加工

「Apaman A80」と「Go pro hero 3 / 4」はサイズが異なるため、下記、四隅と丸い箇所を加工します。

 

加工箇所

 

爪切りとハサミを使って、削っていきます。

加工

 

表面が荒くなったので、はんだごてやチャッカマンを使用して、表面を溶かしました。

はんだごて

 

 

加工後の写真がこちら!!完成!

 

安価だからこそできる突貫工事!

安さは正義です!

 

水中テスト

テスト動画です。

しっかりハウジングに収めることができたので、無事、水没せず撮影できました!!

 

収納BOXの作成

ドームポートに傷が付かないようにケースを作成します。

 

梱包されていたスポンジに切れ込みを入れ…。

スポンジ加工

 

取っ手の部分をくりぬくと、下記のように収納できます。

スポンジ加工

 

段ボールに対しても、同様に取っ手部分を切り取りました。

ドームポート収納

 

収納ケースの完成です!

 

さいごに

今回、APEMAN A80を無理やり押し込んだことで、水没する事態もありましたが、加工することで水中で使用できるようになりました。

安価な部品は、試行錯誤しながら自分用にカスタマイズができるので、とても面白いですし愛着が湧きますね。

 

このドームポートをシュノーケリングで使用してみたいと思います!

 

 

 

以上、「APEMAN_A80で使用するため格安ドームポートを購入しました!『AmazonベーシックGoPro水中ドームポート』」でした!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください