慶良間諸島・渡嘉敷島へダイビング旅行に行ってきました!2月冬の渡嘉敷島「シーフレンド」さんに宿泊・ダイビングの旅!

はじめに

渡嘉敷島

先日、ダイビングのために沖縄県 渡嘉敷島(とかしきじま)に行ってきました!

 

2泊3日の弾丸の旅でしたが、ゆっくり過ごせてとても満喫しました。

渡嘉敷島の海はとても透明度が高く、いろんな生物がいましたね。

 

 

2泊3日の旅程を全て書いているので、ダイビングに興味がある方は2日目からご覧ください。

今回の記事は、冬の沖縄・渡嘉敷島をご紹介したいと思います。




出費合計

まずは、この旅行でかかった費用を先にお伝えします。

旅行の総費用はなんと!84,500円でした!!

■出費

  • 飛行機・宿泊/朝食:35,000円
  • 渡嘉敷フェリー往復:10,000円
  • ダイビング:15500円+4000円(レンタル)
  • 食事・その他:20,000円

 

ダイビングはシーフレンドさんにお世話になりました。

とても良心的な価格でありがたいです。

 

沖縄は思っているよりも移動時間が短く、料金も安かったです。

今まで東京から沖縄は遠いと思ってましたが、この旅行を経て、今は近く感じています。

 

渡嘉敷島の場所はこちらです。

(沖縄本島から西。慶良間諸島に位置しています)

1日目

羽田国際第ターミナル

まず旅行のスタートはこちら!!

羽田空港第1ターミナルです。

 

空港についたのが朝6時30分と早かったですが結構人が多いですね。

賑わってました。みなさん早起きです。

 

羽田空港

 

普段はANAを利用するので第2ターミナルを利用することが多いです。

しかし、今回はJALを利用するので第1ターミナルです。

 

朝早かったので、まずは腹ごしらえです。

今回は、”Hitoshinaya” さんでごはんを頂きました。

 

非常にシンプルで、メニューは2品のみです。

私は白粥を注文しました。908円+税ですね。

ひとしなや

 

身に染みるうまさ!

やはり私は日本人だと再認識しました。

濃いめの味の餡がおかゆにとっても合っていて美味しいです。

 

無事に腹ごしらえも完了!続いて搭乗準備です。

手荷物検査もサッと済ませ搭乗します!

これが私が乗った飛行機です。

那覇行き飛行機

 

7:55分 羽田発-10時50分 那覇着です。

わずか3時間で那覇に着きます。

羽田出発

 

いざ搭乗!

 

移動中はグッスリ寝てました。

私は飛行機でもバスでも、どこであっても寝れる体質なのでぐっすり寝ました。

 

今回の旅行は、移動時間に寝る効率的な旅でした。

那覇に到着

11時10分、暑い沖縄に到着です!

那覇空港

空港で、「めんそーれ」が迎えてくれました。

 

出発の一週間前の天気予報では、曇りの天気予報でした。

が、当日には晴れの予報に!

 

学生のとき、学校行事はことごとく雨でしたが、最近の私はどうも晴れ男のようです。

旅行のときは基本的に晴れることが多いです。

 

天気予報で確認した “気温20℃” がどれぐらいかわからず、「 ヒートテック + 上下長袖 」で行きましたが、那覇空港ではみんな半袖でした。

沖縄は2月もこんなに暑いんですねー。

 

この日は予報より若干暑く実際は24℃でした。

ただ、たまたまこの日だけが暑かったようです。

2日目と3日目は20℃でした。

 

日が出てるときは暑いですが、日没後など、日がなくなると肌寒くなります。

夏服仕様で、寒くなったら上に羽織るものを持っていくスタイルがいいですね。

ゆいレール

それではさっそく那覇空港から有名な国際通りに向かいます!

 

今まで、沖縄での移動はレンタカーを使用していました。

しかし、今回は電車「ゆいレール」を利用します。

初のゆいレールですね。

 

那覇空港の2Fから、モノレールの駅に行くことができます。

こちらが那覇空港2Fの写真です。

那覇空港2F

 

外に出ると那覇空港駅が見えます。

キレイな駅ですね。

 

那覇空港駅

 

改札前に碑が置いてあります。

この那覇空港駅は日本最西端の駅だそうです。

 

日本最西端の碑

 

「ゆいレール」は、那覇空港から首里までを結ぶモノレールです。

地図で見ると、S字を描いているのがわかります。

最西端が那覇空港駅で、最南端が隣の赤嶺駅です。

 

 

そして、こちらが切符です。

ちなみに、PASMO、Suicaは使えません。

電車切符

切符なのに、バーコードが付いていて、バーコードを改札にかざして通ります。

面白いですね。

 

料金は、800円で1日フリーパスを購入することができます。

国際通りまでは片道300円なので、今回は普通の切符を買いました。

 

那覇空港駅のホームです。

電車がちょうど出発しちゃいました…。

 

那覇空港駅構内

 

それでも電車はコンスタントに来ます。

そんなに待たずに電車に乗ることができました。

 

那覇空港駅のホームです。

那覇空港駅構内2

 

ゆいレールで利用した駅は、ほとんど同じ構造でした。

わかりやすくて助かります。

 

乗車して国際通りへ向かいます!

始発駅でしたが、立ちが出る程度には混んでいました。

国際通り

牧志駅(まきしえき)に着きました!早速国際通りに到着です。

 

まずは荷物が邪魔です。

私はスーツケースを持っていたので 駅のコインロッカーに預けようと思ったのですが、コインロッカーはすべて使用中

みんな考えることは同じなんですね…。

 

荷物を預かってくれるところがないかを確認。

観光案内所で預かってくれるという情報を入手しました。

 

観光案内所では1日500円で預かってくれるとのこと。

さっそく向かいます!

 

こちらが観光案内所の外観になります。

目立ちますね。通りの中心地って感じです。

観光案内所

 

中に入ると”Information” があります。

1日500円で預かって頂ける内容が書かれた旗が立っています。

 

荷物預かり

 

カウンターにて、名前と電話番号を記入し500円を先払い。

札をもらい、返却のときは札を渡して荷物を受け取ります。

 

これで無事に荷物を預けることができました!

身軽になったので、さっそく国際通りを歩きます。

 

国際通り

 

このごちゃごちゃ感。いいですね。

国際通りでは特に何も買わずにお散歩してました。

やちむん通り

やむちん通り入口

 

続いてやちむん通りです。

国際通りの観光案内所から南に少し歩くとやちむん通りに着きます。

 

焼き物のお店がたくさん軒を連ねる通りです。

 

やむちん通り

 

いい感じの店構えですね。

今回はお気に入りのコーヒーカップを買いたくて散策しました。

 

そしてついにお気に入りのコーヒーカップをみつけました!!

こちらのお店、”Yacchi&moon“さんです。

 

店内は非常にオシャレでした。

こちらが外観の写真です。

 

ヤッチとムーン

 

可愛らしい店構えですよね。

そして私が購入したコーヒーカップがこちらです。

 

コーヒーカップ

 

どうでしょう!素敵ですか?

基本的にはシンプルなものが好きなんですが、この色合いと大容量なのが好きで購入しました。

沖縄の海と砂浜を感じさせるカラーです。

 

顔料は”青” と “白” しか使っていないそうです。

中間の色は、2つの顔料が化学反応によってできる偶然の模様だそうです。

 

店員さんにいくつか同じカップを出してもらい、自分の好きな模様のカップを選びました。

お値段は、お皿とカップを合わせて5,500円です。

 

今もこのカップでコーヒーを飲みながらブログを書いています。素敵!

88

お腹がすいてきたのでお昼御飯を食べることにしました。

国際通りにある”88” です。

 

1年前に沖縄に来た時にも寄ったので、今回はリピート来店です。

肉料理がとてもおいしいお店ですね。

 

88外観

 

いつも少なからず混んでいます。今回も2家族ほど並んでいました。

待っている間は、壁に貼られている「”88″のルーツ」などの資料を見てました。

 

88の歴史

 

待つこと10分くらいで入ることができました。

 

今回は、国際通り沿いの席です。

窓から見えるヤシの木が南国感を出してますね。

 

88窓際の席

 

そして、こちらがメニューです。

ランチステーキ“に即決。パンかライスを選びます。

前回来た時にパンが美味しかった印象があったので、今回もパンを注文しました。

 

88メニュー

 

まず頂いたのが 88の “おしぼり” です。

デザインが可愛いですよね。使ってみたらカピカピに乾いてました。

 

88お手拭き

 

ステーキには、前菜とマッシュルームスープも付きます。

これが結構すぐ提供してくれます。

お肉が焼けるまで 野菜とスープを頂けるのは嬉しいですよね。

 

マッシュルームスープ

 

そしていよいよ、お肉の登場です。熱々の鉄板に乗ってきました!

ランチステーキ200g!!焼き加減はウェルダンのです。

 

ステーキ

 

これぞ肉!って感じですね!

しっかりした肉で大満足です。

 

普段 地元では、ステーキはライスと食べるんですが、ここのパンはとてもおいしいので、今回はステーキとパンでおいしく頂きました!!




 

泊港

お腹が満たされたところで、渡嘉敷に行くために泊港(とまりこう)を目指します。

 

 

泊港の最寄り駅は、ゆいレールの “美栄橋駅” です。

美栄橋駅から泊港へは徒歩で10分ほどかかるんですが、途中 案内の看板がなく、スマホで確認しながら向かいます。

 

そして泊港の “とまりん” に到着。

 

泊港

切符は予約していたのですが、システムエラーなのか予約がないと言われてしまいました…。

「そんなTOEICみたいなことがあるの!?」って感じです。

 

それでも問題なく往復チケットを購入!いざ船に乗ります!

 

往復チケット

 

チケット売り場から5分ほど離れたところに停まっている船まで歩き無事乗船しました。

2F建ての船で好きな座席に座れます。

 

こちらは1Fの写真です。

 

船内

 

渡嘉敷に行く船は、2つあり、「フェリー とかしき」と「マリンライナー とかしき」があります。

マリンライナーは早いですが、海がシケたとき運休しやすいです。

反対にフェリーは遅いですが、その分 少しぐらいのシケなら運航するようです。

 

今回の旅行では、「マリンライナー とかしき」を利用しました。

「フェリー とかしき」は、ドック運休(2/16~3/3)だったため、そもそも乗れません。

 

この旅行前の一週間は、シケのためフェリーが運休していた日が多かったので「渡嘉敷島に渡れないのでは…?」と心配していましたが、無事運行してくれました。

 

渡航時間は35分の予定です。

早いです。

 

波が少しあり、船がすごく揺れました。

揺れたと言っても、ディズニーのアトラクションぐらいの揺れです。

 

そしてもうすぐ渡嘉敷島というところで雨が降ってきました

(那覇にいるときは降らなくてよかった…。)

渡嘉敷の天気

 

ダイビングをやる明日は晴れの予報なので安心です。

 

そしてついに渡嘉敷島に到着!

渡嘉敷島

渡嘉敷島に到着しました。

若干雨が降ってましたが、さっそくシーフレンドさんのバスにのり込んで出発。

自分を含めて、3グループ程度でした。

 

15分程で阿波連(あはれん)に着きましたー。

 

宿の説明を一通りしてもらいます。

このとき、ダイビングの要望を聞いてくれます。

 

ダイビングでは、シーフレンドのスタッフさんがリクエストに応えようと努めてくれました。

おかげでともて楽しく潜ることができました。感謝です。

 

渡嘉敷港までのシーフレンドさんのバスはこちらです。

なんとベンツ

バス

 

続いて、シーフレンドさんの宿泊施設です。

手前側がログハウス、奥がペンションです。どちらも同程度の値段です。

 

ログハウスの2Fは、トイレ/バスが共有スペースのため、若干料金が安く設定されています。

今回はペンションに泊まります

シーフレンド

 

諸々の手続きを終えて、2Fの部屋に到着。

部屋の写真を撮ってきましたー。

部屋_窓側

部屋_ベッド

部屋_玄関

部屋_冷蔵庫

部屋_トイレ

アメニティ

 

広くはないですが、シンプルでいい感じです。

水回りがキレイなので、不満なく快適に過ごせます。

 

これが頂いた村の地図です。

阿波連の地図

 

小さな村なので全てが徒歩圏内です。

これが地味に嬉しい。

海に行こうと思ったら、3分ほどで着きますし、飲食店もすぐ隣にあります。

 

シーフレンドさんの1Fでは、アイスや絆創膏、単4、単3電池、ログブックなどが置いてありました。

少し小腹が空いたので、早速ですがブルーシールのアイスとビールを頂きました!

 

お菓子

マンゴーアイス

晩ごはん

私が泊まった宿の隣にある “島むん” さんに行きました!

非常におしゃれなお店です。

島むん夜

ボンゴレビアンコと、ピザを頂きました!

ボンゴレビアンコ

ピザ

とても美味しかったです。

正直、渡嘉敷島にはこんなカフェがあると思っていなかったのでとても驚きました!笑

 

さらになんと!支払は部屋付けも可能です。すごいですね。

お昼の「島むん」さんのお店はこんな感じです。

島むんさんお昼

島むんさんお昼2

 

オシャレですよね。

晩御飯を食べてお腹いっぱいになり、ゆっくり眠ることができました。




2日目

朝食

朝7時に起床し、朝食は宿の向かいにある、”海鮮居食屋” さんです。

バイキング形式になっています。品数が多かったです。

 

バイキング形式の朝食

 

朝からマンゴージュースは贅沢ですね。

パイナップルもおいしかったです。これぞ沖縄って感じでした。

ダイビング

そして!いざ、ダイビングです!!

“海鮮居食屋” さんの1Fがダイビングの集合場所になります。

全てが宿から近いです。

ダイビング集合場所

ハプニング

ここでハプニングが発生しました。

発送した器材が宿に届いていません…。

 

器材の着荷日を 使用する前日に指定しました。

しかし、配達のステータスを見ると”保管中” になってました。

 

船がドッグに入った影響でしょうか…。

ヤマトに電話して、そのまま家まで送り返してもらいました。

 

せっかくなら自分の器材を使いたかった…。

早めに発送しないとだめですね。反省です…。

 

でも、カメラは手持ちしていたので無事使用できて良かったです!

トーエー(1本目)

さっそく1本目!!

すごい透明度でした!!

 

そして会いたかったウミガメに会えました!!

気持ちよさそうにゆったり泳いでましたー。

アオウミガメという種類です。人を見ると逃げてしまいますね。

アオウミガメ

 

さらになんと!ダイビング中にクジラの声を聞きました!!

 

この時期は慶良間諸島にクジラが来ているので、姿は見えませんが声だけは聞こえることがあるそうです。

とても貴重な経験ができました。

お昼

2本目に行く前にお昼だったので、ウエットスーツを脱いで着替えました。

 

海の中や、ボートの上では寒さはまったく感じませんでしたが、ウエットスーツを脱ぐととても寒いです。

シャワーで温まりながら着替えました。

 

お昼はまた “海鮮居食屋” さんにお世話になります。

メニューがたくさんありますね。どれもおいしそうです。

 

お昼メニュー

 

私は、「マグロ丼」にしました!

私は海ブドウが好きなので 大好きなもの尽くめでした。

とてもおいしかったです。

 

鉄火丼

 ハナレビーチ前(2本目)

続いては渡嘉敷の代表的なダイビングポイントの一つ。

ハナレビーチ前」です。

 

大きなサンゴ礁が2つあります。下の写真では手前と奥です。

 

メインサンゴ礁

 

信じれないほどきれいです。

こんなに魚がいるなんて感動ですよね。

 

ハナクマノミ」もいました。

ハナクマノミは、他のクマノミと比べると顔がオッサンみたいですよね。

 

ハナクマノミ

 

ただただ、魚が多くてきれいな場所でした。

 

魚群

 灯台下(3本目)

3本目は、こちらも渡嘉敷の代表的なダイビングポイントの一つ。

灯台下」に行ってきました。

 

ダイビングポイントがちょうど島の灯台の前だから「灯台下」と言うそうです。

 

灯台下1

 

地形を楽しむポイントです。とてもきれいです。

 

途中 “ウミウシ” も撮りました。

 

海の中は、深くなれば深くなるほど赤色がなくなります。

なので肉眼では くすんだ色に見えても、カメラのフラッシュをたくと「こんな色だったのか!!」と驚くこともしばしばあります。

 

みなさんにも体験してもらいたいと思います。

まずは、フラッシュをたいていない “ウミウシ” です。

ウミウシ

ふむふむ。

控えめに言っても鮮やかではないですよね。

 

続いてフラッシュをたいて撮影します。

ウミウシ

 

どうですか? 全然色が違いますよね!

海の中ってとっても鮮やかなんです!!

散歩

ダイビングが終わっても、まだ時間があるのでのんびり浜辺を散歩しました。

2月は人も少なくてゆったりした時間が流れてました。

 

阿波連ビーチ

 

阿波連ビーチ_透明度

 

海がとてもきれいです。

夏にシュノーケルをしたら気持ちいいだろうなと思いました。

 

海を左に見ながら浜辺を歩くと、岩のトンネルに遭遇します。

 

岩のトンネル

 

パワースポット感がありますね。

 

渡嘉敷島の岩

 

通り抜けてた後、左を向くときれいな海があります。

 

渡嘉敷島の海

 

右に進むと、展望台に行けます。

こちらが展望台に続く階段です。

 

遠くから展望台を見ると、非常に高い位置にあるように感じます。

しかし、意外とすぐに展望台に着きます。

 

展望台への道

 

上の写真の階段を登りきると、下の写真の道になります。

 

展望台への道

 

上の写真の奥へ進むと、もう展望台に着きます。

 

展望台

 

いざ!展望台に登ります!!

 

いい景色です。

とてもきれいな青い海を見れました!

展望台View

展望台View

展望台View

 

非常に癒されました。

晩御飯

本日の晩御飯は、沖縄の地元の料理を食べようと思い、”バラック” さんで頂きました。

お昼に撮ったお店の写真です。

 

バラック

 

夜は大繁盛出で、満席でした。

地元の人もたくさんいらっしゃいましたね。

 

他のお客さんに席を詰めてもらってカウンターに座らせていただきました。

 

「結構 料理が出るまで時間かかりますよ」と女将さんに言われましたが、大将が中華鍋をガンガン振り回し、ぜんぜん待つことなく料理が来ました。

中華鍋を振るう大将はとてもかっこよかったです。

 

そして料理がめちゃめちゃ美味しい。

 

焼うどん

 

この”焼うどん“が非常においしかったです。

マスタードがとてもいい味を出してました。

 

続いて唐揚げ。

 

唐揚げ

 

さらに、イカの天ぷらとゴーヤチャンプルーです。

 

イカ天

ゴーヤチャンプル

 

また渡嘉敷島にくることがあったら、もう一度来たいと思う美味しさでした。

しかも、どれも800円程度で安いです。

 

離島でこんなにおいしいお店がたくさんあるとは…。ビックリです。

渡嘉敷島、すごいです…。




3日目

朝食

最終日の朝です。

いつも通り、バイキングで朝食を頂きました。

 

写真はドリンクのコーナーです。

バイキング

バイキング

 

やっぱり、パイナップルとマンゴージュースは欠かせないですね。

最後までおいしく頂きました。

チェックアウト

部屋付けした分も含めてお支払いをすまし、シャトルバスで渡嘉敷港に送ってもらいました。

渡嘉敷港

行きは雨が降っていたので、来た時とまた違った印象です。

しっかりした作りになってますね。

 

渡嘉敷島港

 

マリンライナーがきました。

 

ライナーとかしき

 

マリンライナーでは、クジラを発見することが稀にあるらしく、その際は近くまで行ってくれるそうです。

今回はクジラがいたけど、遠かったからそのまま泊港に向かったそうです。

 

私は見つけることができませんでした…。

UmikajiTerrace

那覇に戻ってきました。

飛行機は16時00分からなので時間があります。

なのでUmikajiTerraceに向かいます。

 

ゆいレールで最寄りの赤嶺駅に向かいます。

日本最南端の駅ですね。

 

赤嶺駅

 

駅前のロータリーにシャトルバス乗り場があります。

バス停は下の写真の前ですね。

 

バス停

 

少し待つとシャトルバスが来ました!

料金は無料です。ありがたいですね。

 

走行中はときどき運転手さんが町を説明してくれました。

 

シャトルバス

 

そしてUmikajiTerraceに着きました!!

 

下の写真にある、バス停を降りてすぐ見える灰色の建物。

こちらでお昼ご飯を食べました!

 

UmikajiTerrace

お昼ごはん(POSILLIPO)

お昼ご飯は、POSILLIPO(ポジリポ)で頂きました。

テラス席がとても見晴らしがよくて気持ち良かったです。

 

POSILLIPO

 

POSILLIPO

 

パニーニを頂きました!

 

パニーニ

 

このお店は、店員さんがとても目を光らせていてとてもテキパキと働いています。

とんでもなく気がつくスタッフさんだと思いました。

龍神の湯

旅行で疲れた体を最後に癒したいと思い、龍神の湯に浸かってきました。

オーシャンビューの立ち湯が良かったですね。

琉球温泉瀬永島ホテル

琉球温泉瀬永島ホテルのホームページより

料金は1,540円です。とてもゆっくりできました。

那覇空港

那覇空港

ついに帰る時間になりました。

 

沖縄の離島に2泊3日って聞くと短いと感じていましたが、意外と満足できるんだなと驚きました。

もう1泊してダイビングをする日をもう1日増やしてもいいと思いましたが、物足りなさはありません。

 

いざ、東京に帰ります!!

羽田到着 → 晩御飯

帰りの飛行機でもグッスリ寝れました。

 

羽田空港に着いたらお腹が空いていたので晩御飯を食べます。

今回のお店は、「京どん」さんです!

京どん

店内

天丼鮭イクラ丼

 

和食ですね。私は天丼と鮭イクラ丼のセットにしました。

とても美味しかったっです。ぺろりと食べれました。




さいごに

以上にて、楽しい沖縄 渡嘉敷島 旅行が終わりました。

あっという間の2泊3日でした。

 

今回の旅行で沖縄の魅力に非常に惹かれました。

沖縄移住もいいのでは…。と思うほど自然に囲まれて素敵な場所でした。

 

また近いうちに必ず行きたいと思います。

以上、「慶良間諸島・渡嘉敷島へダイビング旅行に行ってきました!2月冬の渡嘉敷島「シーフレンド」さんに宿泊・ダイビングの旅!」でした!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。